終活を行なう | 人生を締めくくる最高の葬儀で故人を弔いましょう

人生を締めくくる最高の葬儀で故人を弔いましょう

終活を行なう

高齢化社会と呼ばれる昨今、社会における高齢者の割合が非常に増えています。そんな高齢者の間で話題となっているのが。「終活」です。
「終活」という単語に聞き馴染みがない方も多くいます。終活とは近年生まれた新しい言葉で、人生に対する重要な考え方なのです。
終活とは、自分自身の人生の終焉にしっかりと向き合う活動を指します。元気なうちから人生設計や葬儀、お墓に関する相談を積極的に行い、人生の最期まで自分の自由に過ごすための活動です。
高齢者の方の多くが、自分の死後について心配をつのらせています。人がなくなった時に家族に影響する負担は、非常に大きいのです。
終活を行なうことで、葬儀やお墓などの負担を軽減することが出来ます。葬儀の形式やお墓について遺族が悩むことがなくなるので、安心して旅立つことができるのです。
また、終活を行なうメリットは、自身にもあります。自身の死に対してしっかりと向き合うことで、残りの人生をどう過ごすか、何がしたいのかを再確認する大きなキッカケとなります。
心残りのない別れを迎えるために、遺産の相続やお金の整理、介護や葬儀に備えた準備を行うことは大切なのです。
また、エンディングノートと呼ばれる、病気時や死去時に対する自身の考えを記したノートを書く方も増えています。エンディングノート自体には法的な効力はありませんが、書き記しておくことで遺族の精神的な負担軽減に繋がるのです。
終活を事前に行なうことは、自身と家族の両方に対して効果があることです。自分の終焉までしっかりと見据えておくことが、安らかな旅立ちに繋がるのです。