一日葬について | 人生を締めくくる最高の葬儀で故人を弔いましょう

人生を締めくくる最高の葬儀で故人を弔いましょう

一日葬について

葬儀は、昔から故人を弔うために行われてきた儀式です。葬儀を行うことで、故人と最期の別れを告げることができるのです。
近年では、そんな葬儀にも変化が訪れました。様々な手法が増え、行われる形も多様化してきているのです。
葬儀の形式の中で、近年増えているのが一日葬です。一日葬は、葬儀の流れの一部として一般的に行われる通夜を省略し、一日で全ての儀式を終える形式です。
近年、都市部を中心に一日葬が増えているのです。一日葬には、様々なメリットがあります。

一日葬が近年増えていることには、多くの理由があります。
一日葬の大きな利点としては、遺族に掛かる負担が通常の形式に比べて少なくなる点です。
葬儀は、通常2日かけて行われますが、一日葬の場合は一日で儀式を終えることが出来ます。
斎場を借り、おもてなしの料理を振る舞うためにはお金がかかってしまいます。そのため、すべての行程を一日で終えることのできる一日葬は、遺族に係る負担を少なくすることができるのです。
また、遠方の遺族にとっては、通常の葬儀は負担が大きいこともあります。2日またぐ場合、宿泊場所を探さなければいけないからです。一日葬の場合、全ての行程を1日で終えられることから遠方からの参列でも負担が少ないのです。
儀式は、時代に合わせて変化を遂げます。以前に比べ変化した人の生活様式に対応した葬儀の新しい形が、一日葬なのです。一日葬でも、故人を謹んで弔うことができるので、利用者が増えています。